シティカードリボ払い|金利手数料の計算など、サービス詳細

シティカードを利用する際は、「ショッピングリボ利用可能枠」の範囲内において、リボ払いを選択することができます。利用可能枠はカード契約時に行われる審査の段階で決められ、場合によってはカードの利用可能枠よりも少ない金額が設定されるケースもあります。利用可能枠内であれば、店頭にてリボ払いを選択することが可能です。

また、シティカードには「なんでもリボ・あとからリボルビング」の2種類のサービスがあります。「なんでもリボ」は、店頭でわざわざリボ払いを指定しなくても、お支払いがリボ払いになるといったサービスです。一括払いや分割払いを指定しても、必ずリボ払いとして請求されることになるため、利用時には注意しておきましょう。

「あとからリボルビング」は、一括払いや分割払いを指定しても、後から支払い方法をリボ払いに変更できるサービスです。このサービスは、電話やインターネット上で手続きを済ませることによって、利用することができます。

参考|あとからリボとは|メリットやデメリット

シティカードのリボ払いの返済方法

返済方法については、「定額コース・フレックス変額コース」の2つに分けられています。定額コースでは、月々の返済金額を1万円~5万円の範囲(1万円単位)で決めることができます。ただし、ショッピングリボ利用可能枠が50万円を超える場合には、2万円~5万円の範囲となります。

フレックス変額コースでは、締切日の利用残高によって月々の返済金額が決められます。ただし、ショッピング利用可能枠を超えると、翌月に超過分を一括で支払う必要があるため、注意しておきましょう。

シティカードのリボ払いの金利手数料

シティカードのリボ払い手数料は、カードの種類や利用期間によって異なります。具体的には、シティ リワードカード・シティ キャッシュバックカード・シティ エリートカードでは実質年率が「13.2~18.0パーセント(入会時原則15.0パーセント適用)」、シティ クリアカードでは「15.0パーセント」、それ以外のカードでは「12.0~18.0パーセント」となります。

金利手数料は、「利用金額×実質年率」で算出されますが、返済期間によってかかってくる金利手数料は異なります。例えばシティ クリアカードの場合、返済期間が1年間の場合は年率の15.0%の金利手数料がかかってきますが、半年で返済する場合はその半分の7.5%となります。つまり、返済期間が短ければ短いほど、支払うべき金利手数料は少なくて済むのです。

参考|リボ払いの一般的な利息(手数料)・金利相場