USCカードリボ払い|金利手数料の計算など、サービス詳細

UCSカードのリボ払いの大きな特徴は、「あとからリボ」というサービスが利用できることです。このサービスでは、商品やサービスの購入時に「一括払い」や「分割払い」を選択して決済した場合でも、必要に応じて後からリボ払いに変更することができます。その上、インターネットや電話で簡単に変更することができ、面倒な手続きは不要です。

また、あらかじめ登録しておくと、全ての支払いがリボ払いになる「リボ宣言」もサービスのひとつです。このサービスを利用すれば、毎回のお買い物の際に「リボ払いで」と指定する手間を省くことができます。ただし、店頭での支払い時に「一括払いで」と伝えても、実際にはリボ払いによって支払うことになるため、その点には注意しておきましょう。

さらに、UCSカードには「リボ払い専用」のカードが存在しており、このカードでは「リボ宣言」と同様のサービスを受けることができます。

標準コース・長期コースの返済プラン

UCSカードのリボ払いでは、「標準コース・長期コース」の2種類から、返済プランを選ぶことができます。締切日時点での利用残高が10万円以下の場合には、標準コースでは月々5,000円、長期コースでは月々3,000円が支払い額となります。
また、締切日時点での利用残高によって、各コースの返済金額は異なります。そのため、申し込み時に選んだ返済プランだけでなく、その月の利用残高を常に意識しながら利用することが大切です。
この支払い金額には、元金だけでなく手数料も含まれているため、別途手数料が必要になることはありません。

UCSカードのリボ払いの金利手数料と算出方法

UCSカードのショッピングリボ払い手数料は、「実質年率15.0パーセント」です。これは、リボ払いの年率としては平均的な数値となります。

例えば、10,000円の商品をUCSカードのリボ払いで購入し、それを1ヶ月後に返済する場合の支払い総額は「10,000円×1.25%(1ヶ月分の金利)=10,125円」となります。つまり、125円分の金利手数料がかかってくることが分かります。月々の返済金額が全て元金に充てられるわけではないため、利用時には毎月の返済状況をしっかりと確認しておきましょう。

参考|リボ払いの計算方法、シミュレーション

UCSカードのウェブサイト上では、「ショッピングリボ返済シミュレーション」を使って、簡単に金利手数料の計算をすることができます。より具体的に返済計画を立てたい方は、そのようなシミュレーションも積極的に活用してみると良いでしょう。