イオンカードリボ払い|金利手数料の計算など、サービス詳細

年会費が無料で、イオン各店のさまざまなサービスをお得に受けられる「イオンカード」の申し込みを検討している方も多いでしょう。

3種類の支払コースがある

イオンカードのリボ払いでは、月々の返済金額を選べる「Aコース・Bコース・Cコース」の3種類が存在しています。

締日までの残高が10万円以下の場合、Aコースでは返済金額が月々5,000円、Bコースでは7,500円、Cコースでは10,000円とされています。ただし、残高が10万円を超えている場合には、各コースの返済金額が異なるため、注意しておきましょう。

イオンカードのリボ払いでは、申し込みの段階で上記のコースを指定します。後は、カードでお買い物をする時に、支払い方法を「リボ払いで」と伝えるだけで利用できます。

イオンカードの3つの機能

イオンカードのリボ払いには、「リボ変更サービス・ATMリボ払いお支払いサービス・リボ払いお支払い額増額サービス」という3つの機能があります。「リボ変更サービス」は、一括払いとして利用した支払いをリボ払いに変更できるサービスであり、イオンカードの公式サイトからすぐに手続きができます。

「ATMリボ払いお支払いサービス」は、提携ATMからいつでもリボ払い分の残高を支払えるサービスです。リボ払いでは、早く残高を減らすことが手数料の節約につながるため、この機能はできるだけ手数料による出費を抑えたい場合に効果的です。

「リボ払いお支払い額増額サービス」では、月々の支払い額を1,000円単位で増額できます。手数料を減らしたい方や細かく返済プランを立てたい方向けです。手続きは問い合わせ窓口のほか、イオンカードの公式サイトからもできるようになっています。

手数料の調べ方と利用時の注意点

リボ払いには、所定の手数料がかかります。イオンカードについても同様であり、イオンカードのリボ払い手数料は「実質年率15.0パーセント」となっています。

例えば、10月11日にAコースで税込み10万円の買い物をした場合、手数料は「100,000×15%÷365日×23日=945円」という計算式で算出されます。23日というのは、10月11日から11月2日までの日数です。つまり、11月2日の引き落とし金額は手数料込みで5,945円となります。

支払い金額を簡単に把握したい時には、イオンカードの公式サイト上にある「リボ払い返済シミュレーション」の利用を考えてみましょう。利用中のコースを選択して現在の残高を入力することで、すぐに次回の支払い金額が手数料込みで表示されます。