リボ払い機能付きクレジットカード

リボ払い専用カードと違って一般的な支払い方法も選べてなおかつリボ払いも選択することが出来るカードのメリットは、カードが一枚で済むので自分が使って金額、収支の全体を把握することが容易であるという点です。その一方、デメリットとしては、どのお買い物ではどの支払方法を選択したかを覚えていくのが非常に大変ですので、リボ払いの残高がわからなくなってしまい知らない間に金利手数料が膨れ上がっていたなんてこともありますので注意が必要です。
リボ払い付きカードといっても大抵の有名どころのカードにはリボ払い機能が付いていますので、わざわざ専用カードを作らなくても、こういった一般的なクレジットカードを持っていて、時々リボ払いを利用するくらいでいいでしょう。本来リボ払いというのはしょっちゅう使うものではなく、金銭的に苦しい時や一括で買えない時に、ごくまれに利用すればいいものであって、自分の収支が把握できなくなるほど使うべきものではないからです。
専用カードとなると、商品が限られますが、リボ機能付きであれば有名な会社ら大手企業のカードがたくさんありますので、そういった中から選べば比較的安心して利用することが出来るでしょう。セゾンカード、エポスカード、ライフカード、シティカード、りそなVISAカード、USCカード、三井住友VISAカード、イオンカード、楽天カードについて、ここではまとめています。

各業者のクレジットカードの特徴

クレジットカードを審査する際は、年齢や住所等の基本的な属性と年収などを見て審査をしています。中には収入があまり多くない等の理由で審査に通りにくい方もいます。そういう方でも通りやすいカードは存在すると言われています。カードの系列には銀行系や独自にカードを扱っている独立系、信販系、大手ネットショップを扱っている等流通を取り扱っている流通系、消費者金融系に分かれます。難易度が比較的高いのが銀行系や独立系だと言われています。そして流通系、消費者金融系になるほどに難易度は下がります。非正規雇用の方も持つことが出来るクレジットカードもありますが、中には利用停止になりやすい所もありますので、インターネットでそのカードの特徴をしっかりと調べましょう。ネットを調べてみると中には専業主婦等安定的な収入がある配偶者がいるというわけではないのに、無職でカードを所有しているという方もいます。ですので、あまり収入が高くない方も持てるカードは存在します。ただ、それも金融事故がないというのが条件になります。過去に自己破産をしたりするとカードを作る難易度は増します。各カード業者の基準はそれぞれですのでカードを作る際は確認が必要ですが、目安としては金融事故を起こしてからブラックリストから除外されるまでの5年から10年くらい後に申し込みが出来る所が多いようです。クレジットカード業者もそれぞれ色々とあります。もし、カードを持ちたいという事であればその特性やご自身がどのような属性になるかをしっかりと確認して、ご自身にあったカードを作りましょう。

クレジットカードの審査通過は信頼される証し

クレジットカードを持って買い物ができるようにしたいのであれば、まず申請して審査に通らなければ持つことはできません。ですが、定期的に収入があるのであればほとんどの人は持つことができるといわれています。借金の返済が滞ってしまっていたり、自己破産をしていたり、仕事をしておらず収入がないこと以外でしたら大概の場合通過するものです。クレジットという言葉は、信頼できるという意味を持っています。クレジットカードを持っているということは、支払い能力があるとクレジットカード会社から信頼を得ている証しでもあるのです。その信頼できる人である証明をするためのものなので審査が必要となるわけなのです。いわゆる、買い物をすることで借金をするわけなのですから、後々の返済がちゃんとできる人でなければ持つことはできないということでもあります。借金の返済が滞ってしまった経験がある人や、定期的に収入のない人の場合は、どのようにして買い物した金額を返済していくのかを申請したときにカード会社に伝えなければいけなくなることもあるかもしれません。返済をすることができない人は、当然のごとくクレジットカードを持つことはできません。支払う金額を返済してくれなければ、お店側にも支障をきたしてしまうわけですから、自分の支払いやすい方法を選んで返済することができるように、しっかりと計画を立てながら利用することが大事です。デパートや総合スーパー、今では海外でも利用することができるものなので、ちゃんと信頼されることが必要不可欠です。

クレジットカードの枚数について

クレジットカードは、作成するだけでも多くのポイントの付与やキャッシュバックといった、魅力的な特典がつくものが多くあります。こうした特典をより多く得るために、カード利用を目的とせずに作成したいと考えている方は注意があまりお勧めできません。それは、カードを作る際には、その情報が個人信用情報に記載されるためです。カード会社はその個人信用情報を共有しており、それを元に審査を行って、作成の可否を決めています。そのため、短期間で複数枚作成しようとする方の情報ももちろん伝わっています。こうした方は、カードを作る目的がポイント付与やキャッシュバックなどのキャンペーン目的であったり、キャッシング枠を増やそうとしているといった好ましくない利用法だと判断されてしまうため、審査が通りにくくなり、仮に通らなかった場合は、再度申し込みしても、信用が得られにくくなります。この申し込みの履歴は約半年残りますので、魅力的なキャンペーンであってもクレジットカードの作成は半年に一度程度にしておくことが望ましいと言えます。もちろん、カードには複数のブランドがあるため、正規の利用目的で複数枚作成されるケースもあるため、必ずしも複数枚作ることは不可能ではありません。その場合は、短期間で2枚程度は審査の影響がないといえます。クレジットカードの作る際には、自分にとって本当に利用価値のあるものを慎重に選別し、正規の利用をすることを心掛けるようにしましょう。

クレジットカードの審査を通す方法とは

クレジットカードは、誰でも持てるものではありません。なぜなら作る時には、信用が必要だからです。なぜ信用が必要なのかというと、カード会社が買い物などをした時に一時的に支払ってくれるシステムのために信用があるか知りたいのです。そのため、ブラックリストに載っている人やカードローン滞納者などは作りたくても作ることはできません。それでは、どうすれば無事に手に入れることが可能なのでしょうか。まず、比較的簡単なカードを作ってみることから始めます。実はクレジットカードには審査が厳しくステータスが高い所と、比較的甘めな所があるのです。審査が厳しくステータスが高い所を最初から申し込んでしまうと、落ちる可能性が高いです。まず甘めな所で、作ってみるのが良いでしょう。そして、作ったカードで買い物などをして信用をしっかり作り、次に申し込む時は少しランクが高い所を狙っても良いでしょう。比較的作りやすいカードというと、流通系です。厳しい所は、銀行系やプラチナカード、ブラックカードなどです。ここからは、実際の申し込みを説明したいと思います。まず、自分が作れそうな会社を探します。会社を見つけられたら、申し込みをします。申込時には勤務先や勤務年数、年収や借入金額などを記入します。この時に、絶対に嘘を書かないで下さい。カード会社は、個人信用情報機関に登録されている情報と照らし合わせをしますので嘘を書いてもばれてしまうのです。申し込みが済んだら後は、審査を待ちます。無事、通りましたら手元にクレジットカードが送られてきます。

スムーズにできるようにするには

クレジットカードを利用する場合、審査に通らなくてはなりません。余程のことがない限り、多くの人はスムーズに通ることができるようになっています。余程のことというのは、過去に完済してなかったなどの汚点がある場合です。信用をなくしてしまった人には、そう簡単にカードを作ることはできないようになっています。スムーズに審査に通れるようにするためには、普通に暮らしていることが一番です。一般的な仕事をしているだけでも、通ることができるはずです。また、過去にクレジットカードを使ってたくさんの買い物をしてしまったという人は、ブラックリストに載ってしまうことがあります。使用するからには、使用上限をきちんと守れるようではないといけません。しかし、最近は随分といろいろな条件が緩和されてきているので、多くの人が利用できるようになってきています。例えば、申し込んですぐに利用できるという会社も少なくありません。また、インターネットで手軽に申し込みができるという会社も増えてきています。これなら、思い立った時にすぐに申し込みができて、かつ、すぐに利用できるので効率的です。必要な人がすぐに利用できることで、利用者も増えてきています。クレジットカードを利用する際、いろいろな会社があるため、よく比較することも大切です。インターネットで口コミ情報を調べてみることも重要と言えます。その上で、審査が比較的、甘いと言われているような会社を選ぶといいかもしれません。

エポスカードリボ払い|金利手数料の計算など、サービス詳細

エポスカードのリボ払いには、「リボ変更・いつでもリボ」の2つのサービスが存在しています。「リボ変更」は、お買い物時に一括払いや分割払いを指定したとしても、手続きをすることによって後からリボ払いに変更できるといったサービスです。リボ払いの手数料はかかりますが、月々の返済金額を一定にすることができるため、毎月の返済の負担を抑えることができます。

続きを読む

シティカードリボ払い|金利手数料の計算など、サービス詳細

シティカードを利用する際は、「ショッピングリボ利用可能枠」の範囲内において、リボ払いを選択することができます。利用可能枠はカード契約時に行われる審査の段階で決められ、場合によってはカードの利用可能枠よりも少ない金額が設定されるケースもあります。利用可能枠内であれば、店頭にてリボ払いを選択することが可能です。

続きを読む

USCカードリボ払い|金利手数料の計算など、サービス詳細

UCSカードのリボ払いの大きな特徴は、「あとからリボ」というサービスが利用できることです。このサービスでは、商品やサービスの購入時に「一括払い」や「分割払い」を選択して決済した場合でも、必要に応じて後からリボ払いに変更することができます。その上、インターネットや電話で簡単に変更することができ、面倒な手続きは不要です。

続きを読む

20110516追加 728*90