リボ払いのメリット

リボ払いには大きなメリットがあります。分割払いは個別に支払計画を組みますから、買い物の分量が増えれば、それだけ毎月の支払額が大きくなりますが、リボ払いは毎月の返済額が一定しているため、返済計画が立てやすいということになります。

返済金額が一定

このため、会社などに勤めていて毎月給料をもらっていれば、収入額は予定通り入って来るので、返済金額が明確なリボ払いであれば、家計が立てやすくなります。毎月5000円なり1万円なりの定額が銀行口座から引き落としになるので、余ったお金を自由に使えます。

また、どこまで使っていいかを判断することが簡便なので、延滞を防ぐことができます。返済額は買い物の分量が変わっても増額になることはありません。延滞せずに順調に支払をしていくことが可能です。

多くのカードローンのリボ払いは、利用残高が20万円以内なら最低返済額は5000円、20万円以上なら1万円から設定できます。合計20万円以上利用するまでは、毎月の返済額は5000円で済みます。

手持ちのお金がないときに限って長年欲しいと思っていた品物が安く買えるチャンスが訪れるものです。欲しい品物が見つかった場合に、躊躇せずに買い物ができます。買い忘れや買い渋りをせずに済みます。せっかく社会人になったのに、欲しい品物を手に入れることができないのは悔しいことですから、リボ払いを設定しておくと便利に利用できます。

繰り上げ返済可能な点は、分割払いにはないメリット

参考|リボ払いと分割払いの違い

リボ払いは分割払いと違って、買い物を重ねていると、いつになったら終わるのか分からなくなることがありますが、繰り上げて返済が可能であるため、これも大きなメリットと言えます。分割払いは、基本的に最初に決めた支払回数を守る必要があります。

クレジット会社は、最初から指定された回数で支払ってもらえると考えて利息を決めています。分割払いを繰り上げる場合には、クレジット会社からすると利息を取りはぐれる可能性があるため、早期完済利息を請求される場合があります。リボ払いでは繰り上げ返済は容易で、クレジット会社に連絡は必要なく、ATMで利用残高元金を返済することが可能です。

2回払いなら分割のほうが有利なケースが多い

一般的に2回で支払える場合には分割払いの方が有利と言われています。分割でも2回なら利息がかからないカード会社が多いからです。支払が複数回になる場合には、繰り上げ返済を考えてリボ払いの方が有利です。欲しい品物を見つけたときに、とりあえずリボ払いにしておいて、後からボーナスなどのまとまったお金が入ったら繰り上げ返済するのが有効な使い方です。

分割では、買い物をするごとに支払回数を決めていく必要がありますが、リボ払いでは、支払回数や、それごとに支払金額が増えることを心配する必要はありません。支払が重なってお金のやり繰りを考えないでいいため、家計管理が面倒であったり不得意であったりする人に向いています。

ほぼすべてのカードローンのリボ払いでは、毎月の決まった返済に加えてATMでも支払いを受け付けています。まとまったお金が入ったり、臨時収入があったときに、残高をネットの利用履歴を確認して返済するのが賢い使い方です。

関連|リボ払いのデメリット