自動リボとは|メリットやデメリット

「自動リボ払い」とは、カードの利用残高の全てを自動的にリボ払いにし、月々の支払い額をほぼ一定額にできるサービスのことです。自動リボ払いを利用すると、店頭やネットショップで一括払いの買い物をしても、請求時には全て自動でリボ払いに変更されることになります。

全ての金融機関で見られるサービスではありませんが、多くの消費者金融・クレジットカード会社では、同様のサービスを提供しています。自動リボ払いを利用したい方は、申し込む前に各金融機関の情報を確認しておきましょう。

自動リボ払いのメリット

自動リボ払いには、月々の請求金額がほぼ一定になるため、「返済計画を立てやすい」といったメリットがあります。明細書を見れば来月の請求金額も予測できますし、追加で利用しなければ、具体的な完済時期を予測することも容易です。

また、「月々の返済の負担を抑えやすい」という点も、メリットとして挙げられます。一括払いや2回払いなどに比べると、お買い物をしても月々の負担が増えにくいため、あらかじめ立てた返済計画を守りやすいでしょう。

参考|リボ払いのメリット

自動リボ払いのデメリット

自動リボ払いのデメリットは、利用回数が増えるほど「現在の残高を把握しづらくなる点」です。追加でカードを利用すると、毎月の返済金額が新規の利用金額を超えない限り、翌月の残高が減ることはありません。

例えば、毎月5,000円返済していたとしても、そのカードで5,000円以上の買い物をしてしまうと、いつまで経っても返済が終わらないといった状況に陥ってしまいます。

また、リボ払いには所定の金利手数料がかかり、それを月々の支払い元本に加算して請求されます。残高が増えれば手数料もその分多くなるため、その点にも注意する必要があるでしょう。

参考|リボ払いのデメリット

自動リボ払いはどう活用するべき?

多くの消費者金融・クレジットカード会社では、自動リボ払いに設定していたとしても、申請することによって一括返済できるシステムになっています。そのため、明細書を確認して「今のままでは完済が難しい」と分かったら、まとまった金額を一括で支払うことを考えてみましょう。

また、返済計画を立てることも大切ですが、リボ払いではカードの利用計画を立てることも重要になります。自分で利用金額の制限を決めておけば、返済期間が無駄に長引く可能性を抑えられます。そのため、常に明細書などで利用状況を把握しておき、順調に元金を減らせるような毎月の利用金額を考えてみましょう。