あとからリボとは|メリットやデメリット

消費者金融やクレジットカード会社のカードには、「あとからリボ」または「リボ変更」というサービスが付加されていることがあります。これは、「1回・2回・ボーナス一括払い」でのカード利用分について、後日リボ払いに支払い方法を変更できるといったサービスです。

あとからリボは、お買い物をした後で金融機関に電話するか、インターネットから申し込むことによって、利用することができます。ただし、申し込みには期限が設けられているため、各金融機関に問い合わせるか公式サイトで期限を確認し、それまでに申し込みを済ませるようにしましょう。なお、支払い日の数日前まで申し込みができるカードも多く見られます。

また、カードごとにリボ払いできる金額には、限度枠が設定されています。これを「リボ払い限度額」と言いますが、リボ払い限度額を超過した利用分については、翌月に一括払いとして請求されることが多いため、注意しておきましょう。

あとからリボのメリット

リボ払いでは、利用件数に関係なく月々の支払いをほぼ一定の金額にできるため、無理のない返済計画を立てやすいといったメリットがあります。途中で返済計画にズレが生じても、あとからリボを上手に活用すれば、返済計画を立て直せる可能性があるでしょう。

また、冠婚葬祭などで急な出費が生じた時にも、あとからリボを活用することができます。一括払いをリボ払いに変更できるため、月々の返済の負担を抑えることにつながるでしょう。

中には、あとからリボに変更した後に、追加返済や早期一括返済ができるようなカードも見られます。「資金不足を乗り切ったら早めに返済したい」といった方は、そのようなカードを探してみましょう。

参考|リボ払いのメリット

あとからリボのデメリット

一般的なカードでは、支払い方法で1回・2回・ボーナス一括払いを選ぶと、金利手数料がかかりません。しかし、あとからリボでリボ払いに変更した時には、通常のリボ払いと同様に所定の金利手数料がかかります。

また、例えば一括払いからリボ払いに変更すると、利息分が余計にかかってしまうことになります。このように、あとからリボは返済期間を延長する手段としては活用できますが、全体の返済金額が膨らんでしまう恐れがあるため、事前に確認しておくことが大切です。

人によっては、「返済期間が長引く」という点がデメリットになることもあるでしょう。返済期間が長引くと、住宅ローンなどほかのローンの審査に影響を与えてしまう可能性があります。あとからリボを利用する前には、これらのデメリットを理解し、しっかりと返済計画を立てた上で、利用を決めるようにしましょう。

参考|リボ払いのデメリット
参考|住宅ローン審査にリボ払いの履歴や残高は影響する?