リボ払いからカードローンへの借り換えは出来る?それって得?

リボ払いの返済が途中であっても、借り換え先の金融機関を見つければ、カードローンへ借り換えることができます。ただし、キャッシング枠ではなく、ショッピング枠で融資を受けている場合には、借り換えることができない可能性もあるため、事前に調べておきましょう。

また、一般的なカードローンとは別に、「おまとめローン」と呼ばれている金融商品も、借り換え先の主な選択肢として考えられます。おまとめローンとは、複数の金融機関に返済を行っている場合に、返済先をひとつにまとめられるようなローンのことを指します。おまとめローンの性質を持ち合わせたカードローンも存在しているため、複数の金融機関から融資を受けている方は、そのようなローンを探してみましょう。

借り換えるとどんなメリットがある?

リボ払いをカードローンに借り換えると、返済金額を抑えられる可能性があります。例えば、銀行系のカードローンは消費者金融などと比べると金利が低いため、利息分を節約することにつながります。また、金融機関によっては手数料を節約することにもつながるでしょう。

ただし、どれぐらい返済金額が変わるのかについては、借り換え先の金融機関によって異なります。そのため、返済金額の変化を具体的にシミュレーションし、慎重に借り換え先の金融機関を選ぶようにしましょう。

「返済を一本化できる」という点も、借り換えるメリットと言えます。複数の金融機関から融資を受けていると、毎月複数の明細書が自宅に届くため、利用状況・返済状況を把握しづらくなります。そこでおまとめローンを利用し、返済を一本化することができれば、返済計画をより立てやすくなるでしょう。

リボ払い.netトップページへ
リボ払いの代わりになるカードローンを多数紹介しています。借り換えができない場合も多いですが、一応問い合わせてみる価値はあります。

借り換える際に注意するべきことは?

借り換え先の金融機関によって、ローンに付加されているサービスは異なります。例えば、ポイントの付与や金利率の低下などのサービスが見られますが、個人によってメリットが大きいサービスの内容は変わってきます。そのため、各金融機関のサービス内容をしっかりと把握し、自分にとってメリットが大きい借り換え先を選ぶようにしましょう。

中には、金融機関のスタッフが返済計画についてアドバイスしてくれるようなサービスが付加されているローンも見られます。将来の返済に不安を感じている方は、そのようなローンも選択肢のひとつとして考えてみましょう。

また、おまとめ・借り換え専用のローンでは、一般的に返済したい残高分の金額しか借りることはできません。新たに融資を受ける可能性がある方は、追加で融資を受けられるローンを選ぶことが大切です。