リボ払いにおける繰越残高、元金残高とは

リボ払いで買い物をした時に後日送られてくる明細書には、「繰越残高」と「元金残高」が記載されています。簡単に言えば、繰越残高は翌月分に繰り越される利息も含めた借金、元金残高は現在未払い状態である元金のことを指します。

繰越残高と元金残高は、一般的に「前回の支払い時点・今回の支払い時点」の2つが記載されています。つまり、毎月の明細書を見るだけで、今回の支払いによって減った繰越残高と元金残高を把握できるようになっています。

例えば、あなたがリボ払いで毎月5,000円+手数料を支払っていたとしましょう。そして、最新の利用明細書に「前月繰越残高48,000円」「翌月繰越残高45,000円」と記載されていたとします。この場合、今月の支払いによって、3,000円借金が減ったことを意味しています。

返済計画を立てる上で、この繰越残高と元金残高を把握することは欠かせません。現在の借金だけでなく、返済状況を把握できる情報でもあるため、毎月欠かさずチェックするようにしましょう。

参考|リボ払いの仕組みをさらに詳しく

元金定額リボルビング方式の注意点

ショッピングでのリボ払いに関しては、「元金定額リボルビング方式」を採用している消費者金融やクレジットカード会社も多く見られます。これは、毎月一定額の元金に加えて、その都度発生した利息を支払っていくような方式を指します。

この返済方式で注意すべきことは、元金残高と繰越残高に「金利手数料が含まれていない」可能性があるという点です。また、明細書の締切以降にカードを新規利用した場合には、最新の明細書に情報が反映されません。そのため、具体的な借入状況・返済状況を確認したい方は、消費者金融やクレジットカード会社に問い合わせる方法を選ぶことが大切です。

参考|リボ払いの返済方式はトップページを参照

「繰越残高・元金残高」の表記にも注意

繰越残高や元金残高の表記は、消費者金融やクレジットカード会社によって異なります。例えば、「前回お支払い後繰越残高」となっていたり、元金残高については単に「元金」と記載されていたりする可能性もあります。そのため、明細書のそれぞれの項目が何を意味しているのかについて、しっかりと把握しておくことが大切です。

特にリボ払いの場合、何度利用しても月々の支払い金額があまり変わらず、これまでに使ってきた残高を把握しづらくなるという問題点があります。自分ではあまりリボ払いを使っていないだろうと思っていても、「想像以上に高額になっていて驚いた…」といった方も少なくありません。

明細書から毎月の借入状況・返済状況を把握することはもちろん、常に返済計画とズレが生じていないかどうかを確認するようにしましょう。