住宅ローン審査にリボ払いの履歴や残高は影響する?

リボ払いの履歴や残高は、住宅ローン審査に「良い影響・悪い影響」の両方を与えるとされています。例えば、リボ払いを利用していたとしても、毎月きちんと決められた額を返済しておけば、「返済実績がある」と判断されることもあります。

10種類以上の住宅ローン審査が一括で受けられます。
悩む前に審査してもらったほうが早いですよ。

しかし、延滞や滞納した記録が残っていると、個人の信用度は大きく下がってしまいます。また、多くの残高が残っている状態では、「返済能力が乏しい」と判断されてしまう可能性が高いでしょう。そのため、住宅ローンを利用したい方は、申し込みの段階で可能な限り残高を減らしておくことが大切です。

具体的にはどんな審査が行われているのか

全ての金融機関でこう考えるとは限らず、あくまで参考材料とはなりますが、住宅ローンの審査では主に「返済比率・融資比率」でお客様の返済能力を判断しています。返済比率は「年間返済額÷年収(税込み)」、融資比率は「融資金額÷住宅価格(頭金込み)」の計算式で算出され、ひとつの目安として返済比率が「0.25未満」、融資比率が「0.8未満」であれば審査に通りやすいとされています。

リボ払いの履歴や残高が影響するのは、これらの計算式の中の「年間返済額」となります。特に注意が必要になるのは、仮にリボ払いの残高が0円であっても、利用限度額の3分の1が年間返済額に加算される点です。リボ払いの履歴や残高がある人は、上記の計算式から返済比率を算出し、0.25を超えていないかどうか確認してみましょう。

どのように対策するべきか?

支払いが既に完了しているカードに関しては、住宅ローンの審査の前に解約することを考えてみましょう。契約中のカードを減らすことによって、その分だけ年間返済額を減らすことができます。

しかし、現段階で残高があるカードについては、申請しても解約をすることはできません。「もう少しで完済できる」というカードがあった場合には、その返済が完了するまで期間を置き、完済後に解約してから住宅ローンを申し込むというのも、手段のひとつとして考えられるでしょう。

おわりに

リボ払いの残高は「債務」と判断されるため、可能な限り減らしておくことが大切です。住宅だけでなく、自動車など長期で返済するローンの場合は、債務が少なからず審査に影響してきます。まずは返済比率・融資比率を算出し、上記でご紹介した目安を超えているようであれば、何かしらの対策を講じることを考えましょう。

10種類以上の住宅ローン審査が一括で受けられます。
悩む前に審査してもらったほうが早いですよ。
jutaku_loan
10種類以上の住宅ローン審査が一括で受けられます。
悩む前に審査してもらったほうが早いですよ。