リボ払いの支払い方法の種類

リボ払いは、利用した金額や件数にかかわらず、設定した一定の金額を返済するものですが、支払方法にはいくつかの種類があります。カード申込時、利用時、また利用後に選択できるようになっています。

事前登録型リボ

最も一般的なのは、事前登録型リボ払いと呼ばれる方法で、カード申込時にリボ払いを登録しておくタイプです。カードを契約するときに毎月の支払金額を決め、指定金額を超えた分は翌月以降に支払っていきます。大手のクレジット会社で導入されています。利用金額が20万円以内なら、最低引き落とし額は5000円から指定でき、最高で10万円まで指定可能です。この支払方法を選んでおくと、買い物のときに1回払いと指定しても自動的にリボ払いに変更されます。

あとからリボ

また、近年クレジット会社が導入した制度で、「あとからリボ」と呼ばれている支払い型もあります。これは買い物をした後に、電話やインターネットでクレジット会社に申し出てリボ払いに変更する方法です。利用した買い物のうち、自分がリボ払いにしたいものだけを変更することができるため、便利に使うことができます。大手各社が導入している制度で、利用後変更型リボ払いという名称を使うこともありますが、すべて同じです。

リボ払い機能付きカード

このほか、一般のクレジットカードのほとんどにはリボ払い機能が付帯されており、翌月一括払いで契約しているものでも、店頭でリボ払いを選択できるようになっています。店頭リボ払いと呼ばれる支払方法で、リボ払いの取り扱いのある加盟店で買い物の際に、その都度リボ払いを指定することができます。

カード利用時に「リボ払いで」と申し出ると、その買い物にかかった費用をリボ払いにします。毎月の支払金額の指定などの手続きが必要になることもありますが、クレジット会社ごとに規約があるので、確認しておくといいでしょう。

参考|リボ払い機能付きカードの有名どころ一覧

リボ払い専用カード

また、大手会社が近年販売するようになったものに、リボ専用カードというものがあります。リボ払いに特化したカードで、契約時に指定したリボ払い以外の使用はできません。買い物ごとに翌月一括払いにしたり、リボ払いにしたりという変更はできません。

毎月カードで利用する額を決めている場合には、リボ払いできるカードを作っておくといいでしょう。クレジットカードのほとんどは、翌月一括払いで契約していても、リボ払いに変更することが可能です。手続きは簡単で、店頭でなくてもネット上で可能です。また、カスタマーサポートへ電話連絡でも変更できます。また、買い物ごとにリボ払いにしたり、翌月一括払いに指定したりするこもできるようになっています。

季節の変わり目の買い物が多くなる時期だけリボ払いに指定することもできます。また、ほとんどのカードで繰り上げ返済ができるようになっています。

参考|リボ払い専用カード有名どころ一覧

自分の生活や出費の予定に合わせて使い方を工夫仕様

給料の変動の大きい職業の人の場合、少な目の金額を毎月の支払額に指定しておき、給料の多い月に繰り上げて返済するようにできます。リボ払いは使い方次第で、生活に役立つツールです。