リボ払いの一括返済・一括払いは可能?

リボ払いは毎月一定の金額を支払うだけで利用できる利便性を持つ一方で、いつまで経っても支払を続ける状態が続くことなるため、精神的にも負担が大きくなる場合があります。また、リボ払いで適用されている年利の15%によって、期間が長くなるほど利息としての利息を多く払うことになるため、いったん一括返済したいと考える人も多くいます。

一括返済、一括払いは可能です

リボ払いの一括返済はクレジット会社各社で手続きの仕方は違うものの、すべての会社で可能です。各社とも、使ってるカードの名称と合わせて「リボ払い 一括返済」で検索すると対応の方法が表示されます。返済にあたっては、基本的に口座振り込みになりますし、また、利息込みで支払うことになります。

いったん一括で返済しておいて、そこから家計を見直しすることは、今後の生活にも役立つでしょう。それぞのカード会社では、こうした問い合わせの窓口を準備しており、そこに連絡して手続きをすることになります。振込に使っている口座から、引き落としの日よりも前に利用代金一括返済という形で全額返済できるようになっています。

自動リボを一括返済するには

また、会社によっては、カードを申し込むと自動的にリボ払い指定になるものがあり、一括返済からリボ払いには変更できても、その逆はできないとされているカードもあります。

この場合は、リボ払いが確定しており、初回のリボ払いの定額を引き落としてから、繰越残高であるリボ残高をまとめ払いするという手続きになります。このケースは、リボ払いの支払額を変更するという手続きで一括返済することができます。

自動リボの一括返済例

たとえば、こういったカードで請求が1万5000円あり、リボ上限が5000円に設定されているとすると、リボ払いを確定させて初回のリボ払い5000円を引き落として、繰越残高である1万円を一括返済するという方法があります。初回引き落としで約180円、翌月に約120円の利息がかかります。

また、初回のリボ払いを確定した後に、繰越残高をクレジット会社の指定口座に振り込むという方法もあります。このときは、初回引き落としの利息は変わりませんが、一括返済するときには、その日までの利息しかかかりません。振込利息はこちらの負担です。

コース変更も一つの手段

他には、リボ払いコースを変更することにするという手段もあります。たとえば毎月の支払を5000円のコースに設定して、2万円の請求が来たときに、リボ払いのコースを引き上げます。リボ払いの上限はほとんどのクレジット会社で10万円になっています。この場合、上限を2万円に引き上げれば、自動的に一括で返済できることになります。

ただし、リボ払いはカード会社にとっては利息を取って儲けとするものですから、いったんリボ払いにしてから利息なしの一括払いで利息なしのコースに変更することは困難です。多くのクレジット会社では、電話で相談のうえで一括で振り込むという形を取ります。フリーで返済できるコースのあるカードもあり、こちらの場合には、まとまった資金ができた時点で返済すれば一括返済は可能です。

最短1時間